So-net無料ブログ作成
検索選択

ソースはありません その2 [雑記]

 今さっき調べてみたが、「ソースはありません」の中で私が水晶の記事で「水晶は氷の化石である」とか書いたと書いたが、水晶の記事を見てみたらそんなことは書いていない。よく考えてみたら化石などという概念は近代的にも思う。しかしそう思い込むくらいに私が「古代では水晶は氷の化石であると信じられていた」という認識を強くもっていたということである。
 こうなると澁澤龍彦の水晶についての記述を探したいが、昨日書いたようにこのブログは無責任なものなので別に調べてはいない。一応、「氷の化石」で検索するとそれらしき記事が出てくる。もっとも、スピリチュアル系のものばかりだが。
 一応Wikipediaの記事には大プリニウスによって永遠に溶けない氷だと信じられたなどと書かれている。が、大プリニウス先生一人が信じていただけのなら水晶と氷両方にクリュスタロスというギリシア語が冠せられたりしないだろうし(大プリニウス先生はローマ人であるし)、古代世界の常識であったのだろう。

 マルティコラスの方は一応確かである。というのは、『私のプリニウス』にはちゃんと澁澤龍彦がプリニウスが伝え間違えたと書いているからである。これを根拠に私は「大プリニウス先生のスペルミス」と称してきたのである。
 そうなるとWikipediaの記事はあやふやである。マンティコアはギリシア語でマンティコラスであるなどと書いているし、クテシアスもアリストテレスもマンティコラスと述べていたかのようにみえるが、マンティコラスなるものは大プリニウス先生の間違いであるから、クテシアスもアリストテレスもマルティコラスと書いていたのに違いないからだ。
 ただネットで探してもマンティコラスが大プリニウス先生のスペルミスなどと書いているのはこのサイトだけみたいなので不安にもなってくる。なので確認してみたが『私のプリニウス』には大プリニウス先生のミスだと書かれている。

 水晶の方は澁澤龍彦のエッセイをちょっとあたってみたがどの巻に記述があるのか見当もつかない。いつかわかる日が来るのであろうか。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。