So-net無料ブログ作成

ファンタジー世界のワレメ [ファンタジー世界考察]

 本屋に行くと、ラノベ系単行本が並んでいる棚がある。かつては新書サイズのエンターテイメント文藝が並んでいた。具体的には赤川次郎や西村京太郎、田中芳樹、それから架空戦記などが並んでいた。今その本棚に行くとラノベ系単行本が並んでいる。タイトルを見ると「異世界」「転生」ばかりでうんざりする。頭が痛くなってくる。気分が悪くなってくる。


 人間は小説というものを読むが、そこにはリアリズムとかリアリティというものが適度に介在する。もちろん伝統的には突飛なものも存在する。たとえばパラディンのアストルフォの月旅行などは書かれた当時にあっては突飛そのものだったのでは思えるが、とはいえその月世界も当時の作者や読者の想像しうるリアリティの範疇にとどまる。
 一部の人間は私のようなリアリズム気違いに苛立って排撃し非難しようとするが、彼らもリアリズムの端女にほかならない。その証拠が本屋にうんざりするほど並ぶ異世界転生ものである。


 さて。
 実は先日見たFate/Apocryphaの話をしたかった。それは瑣末なワンシーンに過ぎなかった。劇中で魔術士がその辺に駐車されていた車の窓ガラスを割って、車のドアを解錠してドアを開けるというだけのシーンであった。
 しかし私にとっては大きなリアリティの瑕疵であった。

 というのも、その窓ガラスの割れ方が普通の板ガラスの割れ方だったのである。車の窓ガラスは当然ながら強化ガラスであり、割ったら細かくひび割れて崩れるように落ちていく。音ももっと低い。これは自動車事故が起きた時に、ガラスの破片による怪我を防ぐためである。
 しかし劇中の窓ガラスの割れ方は普通の板ガラスの割れ方だった。普通のガラスのように破片が飛び散り、割れる音も甲高い。
 これで興ざめである。

 たとえば肘で窓ガラスを粉砕するのは構わない。普通の人間であれば肘で強化ガラスを粉砕するのはまず無理であり、映画でもドラマでもたいていはバールのようなものなどを使って割る。というより、実車の映画やドラマでは道具を使わないとガラスを割れないし、車の窓に普通のガラスが嵌っていることもない。いちいち演出のために車の窓ガラスを普通のガラスに差し替える手間があるならバールのようなものの一つや二つ調達するほうがよほど早い。
 ちょっと話がずれた。実のところ肘で粉砕するのは構わないのである。何故なら、魔術士であるのだから、魔術で肘を強化すればそれで済むし、そもそもあの世界の魔術士は基本肉弾戦も普通であるから強靭な肘を持っていても問題ないかもしれない。しかし問題はガラスである。
 まあ追及の手を緩めるのなら、強化ガラスの破壊音の音源がなかったのかもしれない。それにセル画で強化ガラスの破壊を再現するのが面倒くさかったのかもしれない。

 そもそも、あのアニメを見て窓ガラスのことなど気になった人間など何人いるだろうか。という話である。いや、ブラックラグーンだとかヨルムンガンドのような車の窓ガラスがよく割れそうな作品でどうだったのかと思いだそうと思っても出てこないのではあるが。

 これは一つの蹉跌に過ぎなかったのかもしれない。Fate/Apocryphaを素直に楽しめていればこれくらいの瑕疵は無視できたのではなかろうか?
 しかしFate/Apocryphaには幾らかの「前科」もあった。たとえば前もブログに書いたジークフリートやジャンヌ・ダルクの伝説中の窓ガラス。あるいはルーマニア国内で英字新聞を調達する手間(ルーマニア語の監修の手間を省いたように思わせる)。ナショナルな英雄にすぎないジャンヌ・ダルクを聖女と見做すこと。などなど。
 こういった一つ一つの瑕疵が小さな蹉跌となってこの作品の私の中での評価を非常に下げているように思える。

 いや、再度問うなら視聴者の中で幾人がこんなことを気にするのかということである。多くの視聴者は「スタイリッシュな」バトルでも楽しんでいたことであろう。こんなつまらない瑕疵など気にしない。だいたい私にしても、自分の知識の範疇でしかケチをつけられないのだ。


 前もららマジの「ノートゥング」の発音でケチをつけたが、実際のところ、そんなことを気にする人間などほとんどいないのである。
 だがそれも程度がある。ノートゥングの発音に比べれば、強化ガラスの破砕などはまだ幾らか一般的に馴染みがある。映画やドラマで車のガラスが割れるシーンはあるだろうし、なにより交通事故に合えば車の窓ガラスが割れる場面に遭遇する可能性はそれなりにあるのだ。


 Twitterなどを見ていると、たとえば大河ドラマで、お歯黒も引眉もしていないのを見るとリアリティがなくて興ざめする、という発言があった。
 これをどこまで適用できるであろうか?

 多くの視聴者はそんなものを気にしていない。それどころか、大河ドラマの登場人物たちが揃いも揃ってお歯黒引眉では、現代の視聴者は受け入れられないだろう。


 アストルフォの旅した月世界は、地上と変わらないものであったと記憶している。だいたい、狂えるオルランドでアポロ宇宙船の見た月世界など再現してもこの上なく仕方がない。


 実のところこういった「創作物のリアリティに走った瑕疵」というのは、どこまで追いかけても追いつかない。


 じゃあそれを諦められるか? それは無理である。

 たとえば、雨が降っているシーンならば、傘をさしているか、そうでなければ服なり外套なりが濡れるだろう。それを描写していない、たとえばアニメを見たら、視聴者はおかしく思うだろう。雨が降っているのになんでこの登場人物は濡れていないのだと。

 ところが、雨が降っているシーンというのは幾らか厄介だったりする。つまりファンタジー世界の雨である。ヨーロッパ人が雨の中傘をさすようになったのは割りと近代である。英国紳士などは雨に濡れても傘をささずにステッキがわりにするなどという真偽のわからぬ俗説もある。俗説はともかく、ヨーロッパ人の降雨対策は外套と帽子であった。
 だからファンタジー世界で平然と傘をさすわけにもいかないのだが、かといって降られたままの濡れ鼠というのもなにか「打ちひしがれた様子」を表すときにしか使われない。だからファンタジー世界では都合のいい時にしか雨は降らない。アイドルがうんこしないのと同じである。
 日本のファンタジーでは帽子と外套で雨をよけるわけにはいかないのである。まず髪型を見せびらかすために帽子をかぶせてはいけない、というか髪型がわからないとキャラの区別が面倒になる。それに外套だってデザインするのに手間がかかる。


 結局なにを言いたいのか自分でよくわからなくなってきたようにも思える。相変わらずの駄弁である。このブログにはそんなものしか存在しない。
 冒頭の異世界転生に苛立った話も接続できていない。つまりは、わざわざ異世界に転生させるのは主人公のリアリズムを読者に接続させるためである。読者は生まれながらの農奴のことなど理解できない。そもそも農奴など理解できないからそんなものはファンタジー世界に存在しない。せいぜいファンタジー世界に存在するのは「村人」である。もちろん中世ヨーロッパには存在しなかった「村長」も用意しなければならない。
 転生した現代人の感覚を通してなら「異世界」のリアリズムを担保できるという策略なのである。もちろんこれも誤謬の死体の上に築いた玉座である。ファンタジー世界の料理はまずく部屋は暗くベッドは堅い。それらはすべてごまかされる。アイドルはうんこしない。勇者もうんこしない。

 別にそれらを一概に否定もできない。私だって大河ドラマの登場人物がみんなお歯黒引眉だったら戸惑うだろうと思う。

 だがそれでもFate/Apocryphaの窓ガラスは蹉跌になった。


 余談だが、Fateシリーズでもう一つ気になることがある。というかこれはだいぶ前にも書いたことであるのだが。
 というのは劇中で「弓兵」「槍兵」を音読して「きゅうへい」「そうへい」と呼んでいるのである。「国語」の授業的には正しかろう。それに音読みする読み方も誤ってはいない。
 しかし個人的にそこは「ゆみへい」「やりへい」と湯桶読みすべきものに思える。そのほうが耳慣れている。だいたい、「長槍兵」とか「長弓兵」とかまで「ちょうそうへい」「ちょうきゅうへい」とか呼ばれてはかなわない。

 こんなことだって気にしている人は実に少数なのだろうか。
nice!(0)  コメント(4) 

nice! 0

コメント 4

小五郎

まあ、大多数の人は演出のリアリティーよりもキャラの動きや会話に集中していると思いますねぇ。
そこはもう人それぞれの楽しみかたということでしょうねぇ・・・難しい話です。
余談ですが、ノートゥングの発音の記事見ました。
ノートゥングの存在を知ったきっかけは某地球を防衛するゲームの兵器の名前で、そこでは『ノ』が強く発音していました。(だからどうした)
by 小五郎 (2017-08-25 23:45) 

枸櫞

私も別にガラスの割れる音をチェックするためにアニメを見ているわけではないです。
ただ見ていただけなのにガラスの音などが私の邪魔をするのです。
普通の日本人はあんな20時間近い楽劇を見たりしていないので誰もノートゥングの発音なんか気にしていないでしょう。
by 枸櫞 (2017-08-28 21:22) 

小五郎

難儀ですなぁ
by 小五郎 (2017-08-28 22:33) 

枸櫞

結局は境界線がどこに引かれるかという問題だけだとは思います。
by 枸櫞 (2017-08-30 22:09) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。