So-net無料ブログ作成

ソースはありません その2 [雑記]

 今さっき調べてみたが、「ソースはありません」の中で私が水晶の記事で「水晶は氷の化石である」とか書いたと書いたが、水晶の記事を見てみたらそんなことは書いていない。よく考えてみたら化石などという概念は近代的にも思う。しかしそう思い込むくらいに私が「古代では水晶は氷の化石であると信じられていた」という認識を強くもっていたということである。
 こうなると澁澤龍彦の水晶についての記述を探したいが、昨日書いたようにこのブログは無責任なものなので別に調べてはいない。一応、「氷の化石」で検索するとそれらしき記事が出てくる。もっとも、スピリチュアル系のものばかりだが。
 一応Wikipediaの記事には大プリニウスによって永遠に溶けない氷だと信じられたなどと書かれている。が、大プリニウス先生一人が信じていただけのなら水晶と氷両方にクリュスタロスというギリシア語が冠せられたりしないだろうし(大プリニウス先生はローマ人であるし)、古代世界の常識であったのだろう。

 マルティコラスの方は一応確かである。というのは、『私のプリニウス』にはちゃんと澁澤龍彦がプリニウスが伝え間違えたと書いているからである。これを根拠に私は「大プリニウス先生のスペルミス」と称してきたのである。
 そうなるとWikipediaの記事はあやふやである。マンティコアはギリシア語でマンティコラスであるなどと書いているし、クテシアスもアリストテレスもマンティコラスと述べていたかのようにみえるが、マンティコラスなるものは大プリニウス先生の間違いであるから、クテシアスもアリストテレスもマルティコラスと書いていたのに違いないからだ。
 ただネットで探してもマンティコラスが大プリニウス先生のスペルミスなどと書いているのはこのサイトだけみたいなので不安にもなってくる。なので確認してみたが『私のプリニウス』には大プリニウス先生のミスだと書かれている。

 水晶の方は澁澤龍彦のエッセイをちょっとあたってみたがどの巻に記述があるのか見当もつかない。いつかわかる日が来るのであろうか。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

ソースはありません [雑記]

 澁澤龍彦の『私のプリニウス』を読み返してみたが、宝石の項目の水晶(クリュスタロス)の部分に「水晶は氷の化石である」などと一言も書かれていない。

 水晶は氷の化石であるとは私が偉そうに一年くらい前に書いている。これは常識であって別に大プリニウス先生の説ではないとも書いている。
 しかし『私のプリニウス』には上記のことは書かれていないのである。

 多分澁澤のほかのエッセイにちゃんと水晶について書かれているとは思うのだが、調べてはいない。別にこのブログは学術的なものでもないしなにかに責任を負う必要があるわけでもない。とはいえ幾つかの項目でグーグル検索をかけるとトップにこのサイトが何故か出てきたりもするので、完全に無責任に振る舞っていいものかどうか迷う。
 だからサイトの説明に「ソースはありません」と書くようにしたのだ。

 だいたい澁澤龍彦はともかくとしても、大プリニウス先生もアリストテレスとかの受け売りをそのまま垂れ流しているのだから厳密にソースとか拘泥するのもどうなのかと思う。水晶が氷の化石であるというのも大プリニウス先生が創作したのかというとあまりそうとも思えない。もちろん私などがそんなものを創作できたりはしないのだから、大プリニウス先生なりアリストテレスなりがそう述べているのであろう。

 マンティコアがマルティコラスのスペルミスで大プリニウス先生が戦犯だというのもこれもあまりに自分の中では有名なので疑ってもいない。当該の記事に古代ペルシア語のスペルまで書いているのだから一応調べたのであろう。が、かといってそれを保障する気もない。

 いや、古代の大プリニウス先生と自分を比べてもどうしようもないのだが。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

ファンタジー世界の刺突剣 [ファンタジー世界考察]

 ファンタジー世界には刺突剣とか細剣とか呼ばれる剣がある。代表的なものとしてレイピアが挙げられていることが多い。
 さて、検証してみる。

 主な刺突剣はレイピア、フルーレ、エペ、タック(エストック、コリシュマルド、メイルピアスィングソード)などだろうか。まず問題なのはこれらがそれぞれ違う時代に使われた兵器であることである。タックが一番古く、次いでレイピア、エペ、フルーレ。

 タックエストックコリシュマルドメイルピアスィングソード)は、RPGにありがちな発想で想像したところの刺突剣のイメージに一番近い。いわゆる刺突剣で一番古いだろう。つまり、使い方としては、チェインメイルやプレートアーマーの隙間を貫くという、RPG的発想に近い使い方をする。逆にいうと、時代としては鎧の発達した、中世後期というよりはルネサンス初期のものである。刃はなく、巨大な針のような剣である。片手でも両手でも扱える。

 レイピアは、一部の書籍などではチェインメイルの隙間をつくなどという間違った解説がなされているらしい。レイピアは鎧が使われなくなった時代に使われた。Wikipediaには別に決闘用の武器ではないとしつこく書いてあるが、実戦に戦場で使うにしても、鎧が滅んでせいぜい騎兵だけがキュイラスをつける時代のものである。つまりルネサンス期以降に使われた武器である。つまり鎧を着ない相手に使う武器である。

 フルーレエペと特別呼ばれる剣は、啓蒙時代の武器である。特別呼ばれる、というのは、エペ自体はフランス語で剣という意味にすぎないからである。ただ、日本で敢えてフルーレ、エペと称するのは啓蒙時代の決闘用の武器としてである。フルーレが訓練用でエペが実戦用であるなどと新紀元社の本にはある。

 このように明確なまでに時代も用法も異なるのが「主要な」刺突剣なのである。そもそも同一の基盤に乗せて語ったりルールを考えたりすること自体が間違っているといえよう。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

ファンタジー世界の農村の村長 [ファンタジー世界考察]

 ファンタジー世界の農村には村長などいない。


 CardWirthでもテーブルトークRPGでも農村に行くとたいてい村長が代表者だったりする。CardWirthの一部のシナリオなどでは更に村役場があったりしてお役所仕事をしていたりする。ここまで来ると噴飯物である。

 しかし中世欧州の農村には村長自体存在していなかった。もちろん村には様々な形態があるので一概にそうであるとはいえないのだが、平野部の一般的な農村には村長などいなかった。

 まずもって「農村」には二つの「区分」があった。行政区分としての「荘園」"manor"と社会的集団としての「村」"village"とである。一つの村に一人の領主がいた、一つの荘園であったとは限らない。貧乏な下級貴族、騎士などは一つの村を複数の領主で治めるということもあった。逆に当然ながら大領主の場合、複数の村を支配していた。
 村は、より実体的な、つまり我々が想像しうるところの村である。これが社会的集団として機能していたわけである。

 では村で一番偉かったのは誰か。それは当然領主である。ただ領主は「村人の側」の人間ではないし、村の「社会」に関わっていたわけではない。家令や執事も同じである。

 「村で一番偉い村人」は荘園差配人と呼ばれていた。これは自由農の中、ジェントリーの次男などから選ばれた。彼らは読み書きができて、村の収穫と領主に払う税の記録をつけていた。また、村の司法と経営をになっていた。これは村長に近いものがあるだろう。彼らはマナーハウスに住んでいた。マナーハウス、荘園館とは村(荘園)で一番立派な建物といえよう。領主や執事、家令が訪問した時泊まるのもマナーハウスである。
 「二番目」、荘園差配人を補佐する役は農奴監督官と呼ばれていた。これは農奴の中で一番すぐれたものが選ばれていた。彼らは農村の収支の記録をつけるのが主要な仕事だったらしい。ただし彼らは読み書きができないので、棒に刻み目をつけて記録していた。
 他にも数名の農民がこういった仕事を補佐していた。

 というわけでファンタジー世界の農村には村長など存在しなかった。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

ファンタジー世界のカメレオンとサラマンドラ [ファンタジー世界考察]

 カメレオンについて今更解説する必要もないだろう。

 カメレオンはギリシア語のカマイレオーン、即ち「地上のライオン」が語源である。ライオンは元から地上の動物であるが地を這う様子を特に見立てたらしい。

 カメレオンは欧州には生息しないのでヨーロッパ人にとってカメレオンもマルティコラスやペガソスと同列の幻想的な怪物であった。とはいえアリストテレスは実際にカメレオンを見てその詳細な記録を残している。
 ただしそのアリストテレスにしても我々の認識とは違うカメレオンの生態を記録している。
 つまりカメレオンは一切食事をせず、空気だけを食べるのだと、アリストテレスも、そのアリストテレスをまるまる敷写ししたプリニウスも述べているのである。我々が知る、舌を伸ばして虫を捕獲するというあのカメレオンの特徴は一切無視されているのである。

 というわけでファンタジー世界における(つまり中世までの欧州での幻想的な怪物としての)カメレオンとは四大元素の「風」を象徴する幻獣なのである。
 実際、中世欧州の絵画におけるカメレオンは翼の生えた(雌)ライオンの姿で描かれている。また、四大元素を象徴する動物を描く際に、魚やサラマンドラと共にカメレオンが描かれている。

 が、我々にとって親しみのありすぎる動物だからか、カメレオンの出てくるファンタジー作品は存在しない。


 四大元素を司る精霊のうち、やたら即物的なのがサラマンドラである。

 サラマンドラとは現代の言葉(英語のサラマンダー)でいえばサンショウウオやイモリのことである。日本でもサラマンダーと呼ばれるイモリが存在したりする。メキシコあたりに棲んでいるらしいが。

 これが火を司る精霊になったのが何故なのか、いまいちよくわからない部分がある。

 どうも、古代の記述を見ると、サラマンドラは「その毒のためあまりに冷たく火中にあっても燃えたりしない」というのが火を司る精霊になった所以らしい。
 もっともこの記述、あのプリニウス先生ですら眉に唾をつけているようなしろものなのだが。

 実在のサンショウウオやらイモリに毒があるのは確かである。種類にもよるが。

 気をつけなければいけないのは、その毒で熱を帯びたりして火傷をしたようになるからなどではなく、逆にその毒であまりに冷たいから火中でも無事だという理屈だということだ。
 要は東洋の火鼠の皮衣のようなものであろう。ちなみに火鼠の皮衣は石綿のことだと考えられている。確かに石綿は火中に投ずれば汚れも落ちるわけだが、肺癌を誘発する発癌性物質(アスベスト)でもある。現実的に考えれば。
 そういう所以というわけでもないだろうが、石綿が出てくるファンタジー作品にもお目にかかったことはない。


 カメレオンとサラマンドラを並べたことで分かる人はいるのかもしれないが、この文章はほとんど澁澤龍彦の敷写しである。アイディアも含めて。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ファンタジー世界のバスタードソードと剣術 [ファンタジー世界考察]

 バスタードソードという剣がある。「混血剣」「雑種剣」という意味である。片手でも両手でも扱える剣だからバスタードソードと呼ばれるという。ただ一説には切るのにも突くのにも適しているからバスタードソードと呼ばれたともいう。

 中世欧州の剣の扱いには大きく分けて二つの流れがあった。ゲルマン系とラテン系である。

 ゲルマンの剣の扱いは切ることを主体としていたという。たとえばゲルマン民族の黎明期の剣にサクスあるいはスクラマサクスと呼ばれる剣があった。これは片刃の切ることに特化した剣であった。巨大な鉈あるいは出刃包丁のような剣である。
 それに対してラテンの剣は突くことを主体にしていた。即ち古代ローマのグラディウスがそれである。古代ローマの密集隊形レギオンでは比較的短い剣であるグラディウスで突いて攻撃していたらしい。とはいえグラディウス自体は大スキピオがヒスパニア遠征中にヒスパニアの剣から取り入れたもので、帝政ローマでは長大なスパタ、セミスパタによる斬撃が主体になったので、グラディウスがラテンの剣の発祥かどうかはいまいち怪しいが。いずれにせよラテン文化圏ではゲルマンの片刃剣とちがって真っ直ぐな両刃剣が使われていた。
 このゲルマンとラテンの合いの子がバスタードソードであるらしい。

 ラテン的な剣術の精華がレイピア、そこから発生した現在のフェンシングである。

 剣の切り合いというと剣戟がぶつかりあう、つまり剣で剣を受け止めるような場面を想像するが、若干日本的なあるいは現代的な発想かもしれない。中世欧州なら剣は盾で受け止めるあるいは受け流す方が多かっただろう。
 日本では古代で盾が廃れてしまったが、これは世界でも極めて特殊な事態である。フェンシング……の源流になった剣術も昔はバックラーと呼ばれる盾があったり、あるいはマンゴーシュと呼ばれる短剣で防禦していた。
 剣術というと日本の精神的な方面に昇華されてしまった剣術や洗練された現代のフェンシングを想像してしまうが、中世欧州の剣戟はもっと無骨なものだったのだろう。それでも剣術というものは存在したが、想像上の日本の武道のような精神的なものではなかったのではなかろうか。ただ師範と呼ばれるような人は存在したようで、幾名か名が伝わっており、彼らには剣術についての著書もある。

 詳しくはWikipedia参照のこと。書いている通りこのブログは私のあやふやな知識を垂れ流しているだけであり、ソースなどあってないようなもので、検索で運悪くこのサイトに引っかかって胡乱な知識にたどり着いてしまった人も、ちゃんとした知識が得たければWikipediaでも見たほうがいい。Wikipedia西洋剣術の項目もまあ雑多で出典不足のタグ付けされているけれどこんなブログよりまともである。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:学問