So-net無料ブログ作成
CardWirthプレイ案内 ブログトップ

CardWirthお気に入りシナリオリスト暫定 その1 [CardWirthプレイ案内]

 このブログのタイトル「悪ということは特別に人間的な現象である」というのは誰かの言葉なのだが、誰の言葉だったか忘れてしまった。検索してもこのブログしか引っかからない。ただテキストデータにメモが残っていた。エーリッヒ・フロムの言葉らしい。

 今日はCardWirthのお気に入りシナリオでも挙げてみたい。お勧めシナリオなど挙げるにはおこがましいのでお気に入りである。とはいえ未だに未プレイシナリオも多い。今回は低レベル帯を中心に紹介する。これでもまだ未プレイシナリオはあるのだからここで挙げていないからといってもまだ面白いシナリオはあるだろう。



お気に入り度☆☆☆☆☆

賢者の選択 - groupAsk
アモーレ・モーテ――或いは<存在/非存在>についての言及 - Fuckin'"S"2002
劇団カンタペルメ - 柚子
葬儀屋シェリィと不思議の館 - 昇進
雨宿りの夜 - 98
B.U.Gallery - ヒロタ
盲目の道筋 - takazo
愛人 - イーグル
盗賊物語 - 里見和貴
塩の降る村 - MNS
ザベリヤ村の攻防戦 - Asa
みえないともだち - Fuckin'"S"2002
深き淵から - cobalt
老兵の歌 - keim
夢は南海を駆ける - 発狂道化師
空白の時間 - 机庭球

お気に入り度☆☆☆☆

スティープルチェイサー - バルドラ
フローラの黒い森 - ann
雪の日の森 - ハーバー
優位なもの - 22エンケー
ゴブリンの洞窟 - groupAsk
交易都市リューン - groupAsk
教会の妖姫 - groupAsk
家宝の鎧 - groupAsk
月光に踊る長靴 - あきら つかさ
夏風邪は馬鹿が引く - 月香るな
美女が野獣 - Dr.タカミネ
老魔術師のお戯れ - 丸平お園
CASE:B - EIJYU
復興都市プロトキン - ユメピリカ
アケロンの渡し - Niwatorry
熊が来た! - 竹庵
掌破の洞窟 - うた
第四の道行き - 平江 明
記憶は洞窟の中に - 篠森らるあ
愚者の楽園 - Dr.タカミネ
惨劇の記憶 - きしりとおる
屍の恋人 - うた

お気に入り度☆☆☆

碧海の都アレトゥーザ - Mart
Sad in Satin - Pabit
ヒバリ村の救出劇 - 伊礼
汝は人狼なりや? - ユメピリカ
春呼草 - 蒼馬
聖なる樹 - Dr.タカミネ
第一歩 - 圭
薬仕入れの依頼 - マット
Killer Queen - 七四.三
森の追跡者達 - Asa
フロンティア - レシェ
鉛色の七つ扉 - suikame
傾斜45度の戦い - きしりとおる
早馬は命を繋ぐ - suikame
Guillotine - 小柴
害妖退治 - 半人
熊と蜂蜜 - あめいぬ

お気に入り度☆☆

大猿岩 - MNS
天国に届く手紙 - 夜月
無声劇 - 平江 明
こえがでなくなった、はなし - 春秋村道の駅
酔眼の夢 - 新矢晋
川の乙女(仮) - SHIMO
汚水流れる楽園 - wiz
緋衣の盗賊 - ゆう
オヤジの宝の地図 - 春秋村道の駅
届け物の配達依頼 - ハーバー
物は試しに、 - くろ わっ
妖魔の巣穴 - 主計
15年と7日 - バルドラ
そこにいる - itsuka
峠路の無法者 - 主計
白弓の射手 - Pabit
βボックス - バルドラ

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ゲーム

CardWirthキャラメイクと「アスカロン教会跡」 [CardWirthプレイ案内]

 枕として違う話から入るが。

 ファンタジー世界の識字率についてあれくらい20%行かないとか10%前後だとか書いたが、別に手元に中世ヨーロッパ世界についての正確な数字があるわけではない。
 19世紀末のロシア帝国の識字率を引き合いに出したが、ロシアはヨーロッパでも後進国であるし、ロシアの史劇オペラとかでもそんな描写があるので、貴族でも文盲がいるとかそういう印象があったりする。
 で、「ファンタジー世界 識字率」でググるとこのサイトが無駄にトップに来る。そこで他のサイトもちょっと見てみるが、塩野七生あたりの言として古代ローマとか中世末期フィレンツェの識字率が60%という信頼できる数字があるらしい。
 ずいぶん高いが、もっとも、フィレンツェは文化先進国であったから他の国とは差異がある。
 しかしよく考えてみたら中世ヴェネツィアでは複式簿記が発明されたのだから、都市部の識字率はまだ高かろう。
 それに冒険者の出自に貴族や貴族家臣が多いという私の持論からすれば、冒険者に限れば識字率は多少高いだろう。
 でもまあ全体でいえば10-20%が妥当なところだろう。


 さて。本題。

 CardWirthで新しいパーティを作ってみた。

2016-11-10_20h03_30.png

 なんか今までのパーティとそれほど大差がないようなあるような……

WS00001273.JPG

 こちらが現パーティ。
 どうしても全員女の子で百合パーティしようと思っても中の人の発想が同じだからそれほど大きく代わり映えはしない。

2016-11-10_20h04_01.png

 新パーティのリーダーセシル嬢。今までのリーダーエリーザベト嬢を大人にしただけのような気もするが、エリーザベト嬢より「邪悪」である。

 最近はキャラに隠しクーポンあるいはクーポンを配布してフレーバーをつけるのが一般的になりつつある気がする。
 そこで活躍するのが以前も紹介したユーティリティシナリオである。

「称号登録所」(黒土 禾甘)
「閑話休題」(DIV)
「アマンダの館」(わらみー)

 だいたいこの三つを使えば事が済む。逆に言うとこの三つに対応しているシナリオは多い。

「夢クーポン配布所」(竹庵)

 こちらは少々対応シナリオが少ないが、キャラのフレーバー付けとして面白いだろう。

 で、今回紹介するのはこちらである。

2016-11-10_20h06_35.png

タイトル:アスカロン教会跡(1.60Next専用)
作者:Niwatorry
場所:ここ

 夢クーポンに対して「心の闇クーポン」を配ってくれるユーティリティシナリオ。

 やっぱりこういう闇を設定するとキャラに深みが増す気がする。
 ただ残念なことに、新しいユーティリティということもあって、対応シナリオを見かけない。それでも設定するとキャラの味付けとして良いと思う。

2016-11-10_20h07_10.png

 こんな感じである。

2016-11-10_20h08_03.png

 このようにキャラの「心の闇」を自動判定してくれる。ある程度「数値化」されるので、CardWirthでの数値化が嫌いな人は注意かもしれない。
 この自動判定も面白い。

 どうやらこのセシル嬢、かなり邪悪なようなのだが。


 ただ、これだけやっても「_リーダー」「_参謀」あたりは配布されないらしい。

 念には念を入れて以下のシナリオも使う。

「旅と日々」(ありじごく)

 このシナリオのユーティリティパートを使えばほとんどの役割クーポンを配布できると思う。

2016-11-10_20h52_09.png

 こんな感じになる。


 まあまだエリーザベト嬢の冒険が全然終わりそうにないので当面セシル嬢の活躍は先になりそうだが。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ゲーム

CardWirth 最初のお勧めシナリオ [CardWirthプレイ案内]

 CardWirthには膨大なシナリオがある。選ぶのは大変なので私見で最初に選ぶといいシナリオを推挙してみる。
 ちなみにすぐにレベルが上ってしまうが、プレイヤーキャラクター(PC)の編集でレベルを下げることが可能なので、レベルが上っても編集で一時的にレベルを下げて低レベルシナリオをなんどもプレイしたい。
 なお入手先Guildはファンサイトのアドベンチャーズギルド、VectorはそのままVectorにアップロードされている。仔細不明なものは書いていないので、他の情報サイトで探してみるか、グーグル先生に聞いてほしい。

*groupAsk制作シナリオ 今のVer.1.5などをDLするとついてくる。
*聖なる樹
*緋衣の盗賊 Guild
*薬仕入れの依頼 ここ
*優位なもの Guild
*Killer Queen Vector
*愛人 Guild
*塩の降る村 Guild

 他にもたくさんあるのでVIPWIRTHFAN Wikiのお勧めシナなどを参考にするといいだろう。
nice!(0)  コメント(0) 

CardWirth [CardWirthプレイ案内]

WS00000750.JPG

 CardWirthというゲームがある。

 なにせ1998年制作(だったと思う)ので古いゲームである。しかしながら今でもそれなりに遊ばれている。ちなみにフリーウェアである。

 簡単に紹介すると、TRPGっぽい感覚のカードゲームを基本としたアドベンチャーゲームで、シナリオを自由に作れる。なのでシナリオを制作するユーザーがネット上にそれなりに(かつては確実に)多数存在し、無限にシナリオを作ったり、ダウンロードして遊ぶことができる。中には佳作、傑作といってもいいシナリオもある。
 というわけでおそらくは主にTRPGが好きなユーザーの支持が連綿と続いてここまで息の長いゲームとなっているのであろう。

 とはいえ1998年のゲームであり、限界も多い。デフォルトのカードは16色ベースで、元来の音源もMIDIと今のウィンドウズユーザーには物足りないかもしれない。それに256色のキャラクターのカードや、何より無数にあるシナリオをネット上からひっかき集めるのも大変だろう。が、そのほぼすべてが無料であるわけだし、労力に見合ったものは得られる……と思う。多分。
 とりあえずキャラクター、プレイヤーキャラクターのカードを256色にして、おすすめとされるシナリオを集めたらそれでまたモチベーションも変わってくるだろう。

*入手など*
 基本的にはオフィシャルファンサイトで最新版を入手するのがいいだろう。発展させたCardWirthNextもあるが、最初はオフィシャルなものでいいと思う。
 細かいバージョンの違いや、その他詳しい情報は「踊る金狼亭」などで調べたり、グーグル先生に聞くなどしてみるといいだろう。というか私の生半可な知識では頼りにならない。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ゲーム
CardWirthプレイ案内 ブログトップ